膀胱炎、なぜ繰り返す 〜原因と対策を知る〜

再発する膀胱炎は薬を飲めば大丈夫と甘く考えてはいけません。 なぜ膀胱炎を繰り返すのか私の体験と調べてわかったこと。

*

小豆水ダイエットは膀胱炎の対策にぴったり

      2019/12/17

小豆の力で膀胱炎対策

 

あずきの煮汁を飲む
小豆水ダイエットが注目されています。

 

DSC_0494

ダイエットのためではなく
膀胱炎対策に小豆水をぜひ利用しましょう。

両方の効果を狙ってももちろんOKです(笑)

小豆の効果的な料理方法は
こちらの記事を参考にしてください。

 

■疲労回復、なりやすい体質改善に沙棘ジュース
アスパラギン酸、米酢の65倍!砂漠の果実を飲む。

▶送料無料1,000円で試せます 詳細はこちら

 

小豆のサポニン、利尿作用でデトックス

あずきは膀胱炎になりやすい体質の方に
ドンピシャな食材です。

小豆(あずき)の皮に含まれるサポニンには
強い利尿作用があって膀胱内に繁殖している雑菌を
おしっことともに洗い流してくれます。

小豆は渋みやえぶみのもと、アクがあるからと
茹でこぼしてはサポニンがなくなりますから要注意。

水を多めに飲むことが必要と言われている膀胱炎ですが
飲みすぎるとからだがむくんだりすることも。
さじ加減がなかなか難しいんです。

水をほどほどに飲んで
利尿作用がある小豆水を飲んだりあずきを食べる、
この方法がベストです。

サポニンの利尿効果だけでなく
膀胱炎の時や予防にぴったりな成分が含まれているんです。

 

免疫機能を活発にする小豆の成分

サポニンにはウィルスや
からだにダメージを与える細菌類の侵入を防ぐ
免疫力を活発にするはたらきがあります。

膀胱炎の原因のほとんどは
大腸菌が膀胱内に入り込んで繁殖するから。
悪さをする大腸菌を撃退してくれたら心強いです。

膀胱炎だけでなく
花粉症などのアレルギーをお持ちの方は
日頃から小豆を食べることで
免疫力を上げて症状を弱まらせて改善に結びつけましょう♪

むくみを取る

水分を取りすぎただけでなく、
疲れやストレス、睡眠不足、冷え、栄養不足が原因でも
からだはむくみます。

むくみは血液中の水分がたまってできる症状です。
足がむくんでいるときには
足になんらかの原因で水分がたまってしまっているのです。

あずきのサポニンにはむくみを改善するはたらきがあります。

膀胱炎の持病をお持ちの方は冷え性が多いですから
むくみやすいのです。

血糖値を下げて血流を良好にする

サポニンは血液中のコレステロールや
中性脂肪を低下させるはたらきがあります。

血液の流れがスムーズになり
必要なところに栄養がいき渡ります。
冷え性の改善に結びつく血流の活発化で、膀胱炎が起きにくくなります。

膀胱炎対策、小豆水の作り方

・材料
小豆 100グラム
水  1000cc

・小豆水の作り方
小豆を洗って鍋に入れます。

DSC_0489

水を入れて沸騰させてから
弱火にして30分ほど煮ます。

DSC_0492

小豆をザルなどでこして出来上がりです。

小豆水は冷めてから冷蔵庫で保存します。
1日に500cc、何回かに分けて飲みます。

★小豆水の味は

香りはおしるこという感じで
とろみがあって飲みやすいです。
砂糖なしでも小豆そのものの甘みがあります。
想像してたより美味しい。

そうそう、
小豆は安心できる国産のものを使ってくださいね。

冷蔵庫で保存した小豆水は
すっきりとした味わい、
冷たいのでからだを冷やさないように
ゆっくり少量ずつ飲みましょう。

★小豆水、煮るのが面倒という方は

小豆を煮ないで作る超簡単な方法は

保温ポットやシャトルシェフなどに小豆を入れ、
沸騰したお湯を注いでひと晩ほどおくと出来上がります。

汁と小豆を分けて
すぐに飲まない小豆水、あずきは冷蔵庫に入れます。

★煮出したあずきは

うま味は煮汁に出てしまっていますが
小豆の味は薄いけれど
栄養はたくさん残っています。

サラダに入れたりそのまま食べたりして
小豆の成分を丸ごといただきます。

膀胱炎の予防は面倒がらずに
日頃からおこなっていきましょう。

ちょっと自信がないという方は
ひとくち飲むだけの、こちらがおすすめ↓

 

◆繰り返すつらい膀胱炎に
免疫力アップで細菌を寄せ付けない元気なからだに!

 

 

>>膀胱炎 なぜ繰り返す ~原因と対策を知る~ 総合ページへ

 - 効果のある飲み物 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
膀胱炎を自力、自然治癒で治す飲み物は

膀胱炎を飲み物で治したい・・自分の体質を変えて自然治癒させたい、そんなあなたにお …