膀胱炎、なぜ繰り返す 〜原因と対策を知る〜

再発する膀胱炎は薬を飲めば大丈夫と甘く考えてはいけません。 なぜ膀胱炎を繰り返すのか私の体験と調べてわかったこと。

*

膀胱炎に効果的なツボ

      2017/07/17

膀胱あたりがじんじんしたり、痛い感じ、トイレが近い、腰が重いなど
ひょっとして膀胱炎かもと思った時に
膀胱炎のツボを知っていると症状が軽くすんだり
おさまっていったりします。

焦らずにまずツボを押してみることが大切。
全てのツボを押す必要はなくて
気に入ったツボ、
気持ちよくなったりからだが楽になるツボを
見つけておくと安心です。

膀胱炎のツボ、お腹周り

・中極(ちゅうきょく)

おへそから12センチ真下、恥骨の上あたりです。
何度もトイレへ行きたくなる時はここ、中極のツボを温めます。

押すときはデリケートな場所なので
息を吐きながらゆっくりやさしく両手の指を重ねて
気持ち下方向に押します(3分くらい)

仰向けになって行ったほうがやりやすいです。
膀胱炎の症状が重い時は刺激が強すぎるので
避けたほうが無難です。

・腎兪(じんゆ)

腰に手を当てるとちょうど親指が当たるあたり、
是骨の両側です。
親指を少しずつずらしながら押して痛みがあったり
存在感がある場所がピンポイントです。

親指をゆっくりと押して離すを繰り返します。

腰痛のときも効果的、押してくださいね。

 

膀胱炎のツボ 手

少沢(しょうたく)は小指のツメの付け根部分です。

手の小指なので膀胱炎かも、と思ったらすぐに押せるツボです。
人差し指と親指でツメの付け根を挟んで
グリグリと強すぎず弱すぎず、気持ちがよいくらいに
前後に揺らすと効果的です。
呼吸はゆっくりとリラックスして両手の小指をツボ押しします。

膀胱周辺の血の流れをを活発にしてくれるツボです。

少沢のツボは
ほかにもこのような症状に効果的と言われています。

物忘れ、寝付けない、手足のしびれ、動悸、頭痛、生理痛、
更年期障害、子宮内膜症、子宮筋腫、動悸や不安神経症
脳梗塞、認知症・・

すごい万能な感じのツボ、少沢です。

ふだんから疲れを感じたときや
目の疲れでショボショボするとき、
生理痛が重いときにもとりあえず押します。

眠る前や朝起きた時、トイレタイムや入浴中など
すき時間にぜひやってみてください。

ツボ押しはやりすぎは禁物、1日2回程度にしてくださいね。

・膀胱炎のツボ 足

湧泉(ゆうせん)は足の裏の真ん中あたり、くぼんでいるところです。
手の親指で押してみてください。
少しずつ微妙に位置をずらしていちばん痛い(押すと気持ちいい)場所です。

親指だけだと力が入りにくいので
左手の親指も重ねて乗せて押すとやりやすいです。

青竹踏みをすると手を使わずにすみます。

膀胱炎のツボ 即効性があるのは

上記の各ツボを押してみて
「あ、ここは気持ちいいかも」と感じたツボが
あなたにぴったりのツボです。

どのツボが即効性があるかというより
相性がよいかどうかが重要です。

ツボを押すときにはそこに神経を集中して
からだをいたわりながら行うといい感じです。

 

症状が少なくなる良いツボが見つかったらしめたもの。
膀胱炎かもと思った瞬間に
気分がどーんと落ち込んでしまうことは避けたいです。

「そうだ、前回も軽くなったからあのツボを押してみよう」

ツボ押しはからだをいたわりながら
対話しながら行いますからよいのですね。
自分でなんとかコントロールできるという、その気持ちが大切なんです。

ツボ押しを習慣にして
膀胱炎になりやすい体質を変えていきましょう。

 

ふだんの膀胱炎対策にぴったりなのはこちら
  ↓

 

 - 膀胱炎のツボ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした