膀胱炎、なぜ繰り返す 〜原因と対策を知る〜

再発する膀胱炎は薬を飲めば大丈夫と甘く考えてはいけません。 なぜ膀胱炎を繰り返すのか私の体験と調べてわかったこと。

*

膀胱炎と子宮内膜症、共通の症状があるんです

      2017/07/06

膀胱炎を繰り返し再発していると
病気に慣れてしまい、

「また膀胱炎にかかったんだ」と思い込みがちです。

症状が似ていて膀胱炎ではない病気のひとつに
子宮内膜症があります。

子宮内膜症と似ている膀胱炎の症状は

子宮内膜症が膀胱近辺にできると
膀胱を圧迫して
膀胱炎の時と似た次のような症状が出ます。

・オシッコが近い
・排尿する時に痛む
・血尿が出る

子宮内膜症はどんな病気?

子宮内膜症を簡単に説明すると

生理の時に出る月経血の一部が子宮口から体の外へ流出せず
身体の中に逆流して
第2の子宮のような組織を作ってしまうことです。

月経の時の血液は生きている細胞なので
排出されずに子宮以外のところへ移動して残っていると
その場で育って大きくなってしまうのです。

子宮を逆流してできた月経血のかたまりは
子宮のように出口がないので体の外へ出すことができずに
居着いた体内にとどまり続けます。
これが子宮内膜症です。

子宮内膜症ができるからだの場所は

月経血が逆流して組織をつくる子宮内膜症ですが
特定のこの場所にできるというのではなく
できやすいからだのいくつかの場所があります。

卵巣、子宮と直腸の間、膀胱の近くなどです。

子宮内膜症の症状は

子宮内膜症になると次のような症状が出ます。

・生理が重症、我慢できなかったり寝込んだりする
下腹部がひどく痛む、腰が痛い、頭痛がする
下痢になりやすい、気持ち悪い吐き気がする、熱が出るなど
・不妊
・生理の時でなくても下腹部が痛む
・排便時に痛みを感じる
・性交すると痛い

膀胱炎と子宮内膜症の人の共通点

膀胱炎になりやすい人には
次のようなからだの悩みがあります。

生理痛が重い、冷え性、忙しい毎日、
ストレスを抱えていてうまく対処できない
食生活が不規則だったり栄養が偏っている。

子宮内膜症にかかった人の症状は
激しい生理痛、生理中でなくても下腹部の痛み、
不妊治療を受けているなどの特徴があります。

なぜ子宮内膜症にかかるのかその理由は
諸説あって明確ではないと言われていますが
女性ホルモンが減少しているという事実があります。

食生活の乱れや無理なダイエット、ストレス、
低体温、肌荒れ、風邪を引きやすいなどが
女性ホルモン減少の原因としてあげられています。

膀胱炎の再発を繰り返す体質と重なりますね。

膀胱炎になりやすい体質を改善すれば
子宮内膜症を寄せ付けないことにつながるのです。

生理中の痛み、膀胱炎の不快さと体調不良で
不快な日々を送るのはもうやめましょう。

からだが健康ならば
仕事や子育て、家庭がスムーズにいきます。

膀胱炎の改善は
できることから少しずつはじめましょう。

 

 - 膀胱炎と子宮内膜症 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした