膀胱炎、なぜ繰り返す 〜原因と対策を知る〜

再発する膀胱炎は薬を飲めば大丈夫と甘く考えてはいけません。 なぜ膀胱炎を繰り返すのか私の体験と調べてわかったこと。

*

膀胱炎の薬、 抗生物質でも再発し漢方薬は

      2017/07/06

病院で診察を受けて膀胱炎と診断されると抗菌薬(抗生物質の薬)が出されます。
たいていは3日分くらいでしょうか。

薬を飲むと膀胱炎の症状が1日くらいで
ほとんどなくなります。(なかなか良くならない人も増えているようです)

それでたいていは「もう良くなった」と思ってしまうのですね。

病院でも膀胱炎の患者に対する対応は、些細な病気といった扱いです。

illust1331_thumb「膀胱炎ですから、
薬を飲んで水分を多めにとってオシッコを我慢せずにして下さい」

こんな感じの対応です。

それで本人も膀胱炎は大した病気じゃない、と思ってしまいます。

症状が出なくなって薬をやめてしまうと
菌が残っていたら
その原因菌がまた復活して膀胱炎を引き起こします。

膀胱炎を再発する人が多いのは
こういった理由もひとつにあるようです。

膀胱炎は抗生物質の薬で治るのか

ほんとにそれだけなのかなあ。と思います。
というのは薬をきちんと全部飲んでいても再発した経験があるからです。

illust334_thumb

考えられるのは
・膀胱炎になる原因菌が薬を飲んでいる間に死滅しなかった

・菌は薬で退治できたけれど、膀胱炎になる原因が他にあってまた再発した

何度めかの膀胱炎の再発を繰り返し、
病院へ通いましたが
また再発して治らないのだったら病院に行ってもしょうがない、
と思うようになりました。

1年に3、4回くらい膀胱炎になっていたので
きっと理由があるはずと思いながらも
子育てと仕事、家事に忙しい毎日でそれほど深く考えませんでした。

膀胱炎になると漢方薬を飲んでしのいでいました。

抗生物質の薬を使うという選択肢もあったのですが

・病院でもらった抗菌薬でも再発をする
・抗生物質を常用すると耐性菌ができてしまう

 

漢方薬を飲んでみて思ったこと

そういった理由から
私は膀胱炎対策に抗生物質をやめて
漢方薬を選びました。

五淋散(ごりんさん)という漢方薬です。

五淋散の効果効用は
頻尿、排尿痛、残尿感、尿のにごりの症状

五淋散は膀胱や尿道の炎症を抑え
尿の量を増やして菌を押し流す漢方薬です。

配合されている生薬は
ブクリョウ、トウキ、オウゴン、カンゾウ、シャクヤク、サンシシ、
ジオウ、タクシャ、モクツウ、カッセキ、シャゼンシ です。

五淋散のほかに膀胱炎の漢方薬に猪苓湯(ちょれ いとう)があります。

五淋散と猪苓湯、どちらの漢方薬が適しているのかは
膀胱炎の症状や原因によって選びます。

五淋散

からだを不本意なほど冷やしたり、
重いストレスを感じている時の、膀胱炎の漢方薬は五淋散です。

猪苓湯

オシッコが少量しか出ず、何度もトイレに駆け込み、
そして喉の渇きを感じている場合は猪苓湯です。

私は膀胱炎になると五淋散を2週間ほど飲み続けました。
いつまで飲み続ければよいのか、
適切なアドバイスは薬局ではありませんでした。

たいていは飲み続けて2日めには楽になります。

でもやっぱり完治することなく
膀胱炎はまたしばらくすると再発したのです。

それでも漢方薬を飲み続けたのは
抗生物質を習慣にするよりもダメージが少ないと思ったから。
結局、漢方薬だけでは改善には至りませんでしたが・・

 - 膀胱炎の薬 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

膀胱炎の薬、抗生物質のクラビット

病院では尿検査を行い尿の中に含まれている原因となる菌が見つかれば急性膀胱炎と診断 …